フリーランスがお金を借りるいくつかの手法

フリーランスがお金を借りることに関しては、一般の銀行では非常に難しいといえるでしょう。
もちろん、ノンバンク(消費者金融)であれば、お金を科律子とも可能ですが、最大金利20%となれば、非常に返済に苦しむことになりますので極力避けるべきかと考えます。

 

まずは、政府が中小企業の事業主を支援するために設立した日本政策金融公庫のの融資制度です。
新規創業や設備投資だけではなく、運転資金をまかなうための融資もしてくれます。

 

次に新たなスキームとしてソーシャルレンディングがあげられます。ネット上の金融仲介サービスでお金を借りたい人がお金をかしたい人から出資を募ることが可能なサービスです。

 

確かに消費者金融に比べると金利は低いですがそれでもかなりの金利です。
しかし、メリットとしてビジネスを訴求してそれを有望だと感じた方が融資してくれる仕組みなので実ビジネスでも繋がる可能性をもっています。

 

また、類似のスキームとしてはクラウドファンディングが存在します。
こちらはあまねく多くの出資者を自分のビジネスを訴求することで出資を募るものです。

 

返済はお金ではなく、ビジネスの対価として支払うことになります。
一見、お金を返さないのでいいのかと思うかもしれませんが、実際のところ非常に出資を募るのは難しいといえるでしょう。

 

こうして、いくつかの手法でフリーランスでもお金を借りることが可能ですが基本的には政策金融公庫の融資を検討することが一番の方策だといえます。