年金受給者でも問題なくお金を借りられます

年金生活を送っていて突発的な事故に巻き込まれたり、病気になってしまうとお金に困ってしまう場合があります。

 

蓄えがあれば突然の出費にも対応できますが、貯蓄が乏しい時には困ってしまいます。そんな時、頼りになるのがキャッシングなどの金融サービスです。
実は年金受給者であっても消費者金融や銀行カードローンの融資を受けられ、気軽にお金を借りられます。

 

キャッシングは手続きも簡単で、午前中に申し込めばその日のうちにお金を借りることもできるため、年金受給者の方にとってもおすすめのサービスとなっているのです。

●年金受給者はフリーターや契約社員より審査で優遇される

年金受給者は現役世代に比べると収入も乏しいために、金融機関に融資を申し込んでも審査で落とされると思いがちですが、実際はそうではありません。
もちろん、公務員や大企業の現役社員に比べてれば、年金受給者の年収は低いため融資される金額が制限されてしまいます。

 

しかし、フリーターや契約社員などの非正規雇用の人に比べると、年金受給者の方が実は審査で優遇されるのです。と言うのも、年金は国や年金基金から支払われるもので、支払いが途切れる可能性がありません。確実に支給され続けるものなので、金融機関からすれば貸し倒れる危険性がなく、安心して融資できるのです。

 

年金受給者は、キャッシングに申し込んでも年金受給者であることを理由に審査で落とされる可能性はないため、安心してお金を借りられるのです。

●総量規制に注意が必要

年金受給者でも問題なくお金を借りれますが、ここで注意が必要なのは総量規制です。

 

総量規制は借金できる額を年収の1/3に限定するもので、年金受給者にも関係してきます。年金受給者の年収は1年間に受け取る年金額となり、たとえば1年間に150万円の年金を受け取っている人であれば、消費者金融から50万円しか借金できなくなるのです。

 

なお、銀行カードローンでは総量規制は関係ありませんが、やはり年金受給額に応じて借り入れできる融資枠が設定されるため、借りられる額は1年の年金受給額の1/3までと考えるべきです。