キャッシング利用者のプライバシーは尊重される

キャッシング利用者のプライバシーは、基本的には尊重されます。毎月の返済をしっかりと行うなど、正しい利用のスタイルに倣って行動している限り、借り入れの情報が家族や職場の同僚に伝わることはありません。

 

キャッシングの使用を周りの人に知られたくないという、利用者の考えをキャッシングサービスは正確に認識しています。ですから通知を郵送する時も会社の名前を出さず、同居の家族に封書が渡った時にも、一見してキャッシング会社だとは思わせないようにと、自動で配慮を行います。

 

借入時の審査の一環として、申し込みの書類に書かれた自宅や職場の電話番号に、キャッシング会社が所在の確認を行うというものもありますが、その時もキャッシング会社からの連絡だとはわかるようにはしません。個人名を出したり別のサービスを装ったりして、キャッシングの審査だとはわからないように計らうものです。

 

それでもどうしてもバレるのが心配だというのなら、審査の段階で、職場には連絡してほしくないといった事情を話しておくといいでしょう。そうすれば他の証明書類の提出でOKと、打開策を提示してもらえる場合もありますし、都合の良い時間帯に電話のタイミングを融通してくれることも多いです。

 

近しい人にバレたくないからといって、嘘の住所や電話番号で審査に臨むようなことをしてしまうと、所在の確認ができず審査に落ちることになります。キャッシング会社は利用者を信じてお金を貸してくれるのですから、利用者もキャッシング会社を信じて、情報の提示をすることが大切です。