ヤミ金問題は弁護士や警察へ

闇金とは、違法な業者であり闇金から借り入れたお金は返済する必要がありません。
闇金と手を切るためには、弁護士や警察に相談をするのが一番です。

 

警察や弁護士に相談をしてしまっては、闇金から報復されてしまうのでは、といった心配もあるでしょうが闇金が一番怖れるのが法律です。
警察に調べられ、違法な業者だと判明すれば、もうお縄です。

 

暴力的な取立てをされてしまう、脅されている、と危険な状態にいる場合は、警察に保護してもらう事も可能です。
闇金に返済をすれば闇金から解放されると思い、真面目に働いて返済をしたものの、闇金が難癖をつけてきて更にお金を搾取しようとしてきたり、強制的にお金を貸し付けたり、あらゆる罠でお金を取りに来るかもしれません。

 

一度完済をすると、闇金からするとこいつからは絞れる、と狙いを定められてしまいます。
警察には駆け込めない事情がある場合は弁護士に相談を。
弁護士は秘密を守ってくれますし、様々な法的な手段で解決する助言を貰えます。

 

闇金は法外な金利を設定しているために、返済できないのは当然といえますし、返済をする必要はないのですから堂々としていましょう。
警察も、大抵は味方してくれます。

 

闇金にお金を返済したいからといって、友達を売ったり、家族の情報を渡してしまったり、と周囲に危険が及ぶ可能性のある事はやめましょう。
それが足かせとなってしまい縁が切れなくなることだってあるのです。

 

闇金からの電話は録音し、メールは保存をし、借用書や、借り入れの証拠となる通帳などを持って警察を訪れれば大抵は解決します。
住所を知られていると報復が恐ろしくなりますが、警察や弁護士が立ち入れば闇金は手も足も出せません。