プランでお金を借りる場合のメリットとデメリット

プランは平成13年に設立され、大阪市内に2店舗を持つたまだ新しい消費者金融です。店舗でももちろん借り入れ申し込みができますが、Webでの申し込みに力を入れていて、全国どこにいても借り入れ可能です。借入金額は指定の口座に振り込んでもらえます。

プランが全国展開のサービスに力を入れ始めたのは平成28年からなので、今はまだ知名度が低く、顧客の獲得に力を入れている時期です。そのため、比較的審査がゆるやかだと言われています。大手とは違う独自の審査基準があるため、既に他社から借りている、過去に債務整理の経歴があるという人でも申し込みは可能で、審査対象となっています。

プランの特徴の一つが、審査に通った場合の契約書類をセブンイレブンのネットプリントで出力できることです。その日のうちに必要書類を手にすることができるので、手続きにかかる時間が短縮できます。

また、プランは中小の消費者金融では珍しく、最長返済期間が5年60回となっています。10万円未満の小口の借り入れの場合は、毎月の返済金額が2000円からとなっていて、毎月の負担が少なくてすむのは大きなメリットと言えます。

一方、中小の消費者金融ならではのデメリットもあります。まず、小口融資が中心なので、借入金額は最高でも50万円です。実際には、10~15万円程度の融資額に落ち着くことがおいようです。金利も大手より高く、実質年率は15.0~20.0%です。10万円以下の借り入れだと上限金利が適用される可能性が高いので、20%の金利を覚悟する必要があります。

また、プランのホームページでは即日融資も可能となっていますが、来店して契約できる場合に限られています。審査に通って借入金が振り込まれるまでには数日かかると考えた方がよいでしょう。