融資を受けられる生命保険の契約者貸し付け制度

お金が必要なのに手元にないという時には消費者金融などからからお金を借りず、生命保険の契約者貸し付け制度を利用するという方法があります。生命保険の契約者貸付制度は、契約している終身保険や養老保険などの生命保険の解約返戻金を担保にして、保険会社から融資を受けることができる便利な制度です。

 

ですから解約払戻金が無い掛け捨ての保険に加入してしている人は、融資を受けることはできません。融資を受けられる金額は一般的に解約払戻金の70~90%の範囲となっており、保険会社や契約している保険の種類によって違っています。

 

生命保険の契約者貸し付け制度を利用するメリットは、消費者金融のキャッシングなどに比べて圧倒的に低金利であることです。消費者金融の実質年率18%程度ですが、生命保険の契約者貸し付け制度を利用した貸し付けは実質年率3~8%程度なのです。

 

融資を受けたお金の返済は基本的に自由になっており、カードローンのように毎月決まった金額を返さなくてはならないわけではありません。ボーナスなどまとまった収入があるときに返済すればいいし、最悪の場合は生命保険金と相殺をすることもできます。

 

契約金借しつけ制度を利用する際には、担保にしたい保険の証券記号番号を用意して保険会社に連絡をすると、申込書などの必要書類を用意してもらえます。必要書類を保険会社に提出をすれな、早ければ1週間程度で指定した口座に貸付金を振り込んでもらうことができます。