キャバ嬢としてお金を借りる上での意外な落とし穴

キャバ嬢としてキャッシングを利用しようという時には、在籍確認の攻略法を考えてから臨むようにしましょう。源氏名を使用して個人情報の流失を避けたりと、スタッフのプライバシーを守ることに力を注ぐ風俗店のバリアーは、お金を借りる上では都合の悪い形に働いてしまうことが多いです。

 

本来在籍確認は、キャッシング希望者の関係者を装った金融機関が、希望者の職場に電話を行って、本当に職場に籍を置いているのかを確かめる目的で行われます。職場が当人の存在を認識しているのなら、提出書類に記入している勤務先の情報には正確性があると証明されますから、職と返済能力を持っていることを認めてもらえるという仕組みです。

 

水商売関係の職場に勤務している場合には、個人情報の保護のため、正体のわからない在籍確認に職場が取り合わないケースが多く、結果としてそこで働いていることが証明できなくなってしまうことが問題となります。勤務先の情報が正しいものと確定しない以上、金融機関はそんな不確かな人間にはお金を貸すことができないと判断し、借り入れを許可しません。

 

在籍確認をクリアするためには、お店の方にキャッシング会社からの連絡が入ることを事前に話し、質問に正確に答えてもらうようにお願いしておく必要があります。その際お金を借りる上での在籍確認だと言うのが恥ずかしいのなら、特にそこまで話さなくても構いません。キャッシングの話と正確に言わずとも、クレジットカード発行に関わっての審査だと説明しておけば、無難に解決ができるでしょう。